H28年度からの多子世帯の保育料軽減に関して


    就園奨励費補助金と同様に新制度の保育料においても多子世帯の保育料の軽減があります。


       
 

   生活保護・非課税世帯・年収360万円以下の世帯の場合


     最年長の子どもの年齢に関係なく、第2子は(保育料が)半額、第3子は(保育料が)無料になります。


    例:第1子が10歳(4年生)、第2子が5歳、第3子が3歳の場合は、2子が5歳は半額、第3子は無料になります。



  年収360万円以上の世帯の場合


    小学校4年生以上の子どもは、兄弟数としてカウントしません。小学校3年以下の子どものみ兄弟数に数えます。



     例:第1子が10歳(4年生)、第2子が5歳、第3子が3歳の場合は、10歳(4年生)の第1子は、小学4年生以上なの


      で、兄弟数にはカウントせず、5歳の第2子は、第1子扱いになり全額となります。また、3歳の第3子は第2子扱い


      になり半額になります。


  ひとり親世帯の場合



      最年長の子どもの年齢に関係なく第1子は半額、第2子は無料になります。