夢に向かって進め♪

高校3年生 実習出発式

 6月29日に看護科3年生、46名が臨地実習出発式に臨みました。出発式では、事前学習レポートを書き、放課後演習を重ねて今日を迎えたこと、実習への不安を抱えながらもメンバーと協力して5週間の臨地実習を乗り越えたいと、生徒代表の山中麻紘さん(直方第二中学校)が、力強く誓いの言葉を述べました。誓いの言葉の最中や大和校長をはじめ各先生方からのメッセージに感極まって涙を見せる生徒もいました。患者様との関わりや、失敗体験、成功体験から多くのことを学んできてください。そして今自分に出来る精一杯の看護を提供し、悔いのない実習にしてほしいと願っています。
 第8期生の実習出発式では、和太鼓部「優心太鼓」の生徒に激励の演奏もして頂きました。力強い演奏が励みとなった生徒もいたと推察します。多くの方に支えられていることを忘れず最後まで頑張り抜いてほしいです。

現在、高校生最後の臨地実習に臨んでします。それぞれ患者様と真剣に向き合い、学びを深めています。実習は後10日間となりました。今できる精一杯の看護を、悔いが残らないように実践してきて下さい。ケーススタディの発表を楽しみにしています♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>