専攻科1年生 消防署実習

専攻科1年生は、災害看護学の一貫で消防署での救命講習に参加しました。講習では、楽しみながらも、真剣に講習に参加していました。講習終了後は、救急車や消防車への搭乗体験などをさせて頂き、病院とは違う医療の現場を目の当たりにして、新鮮な気持ちを持つことが出来たのではないでしょうか。
最近も、西日本の豪雨災害後の救命活動がメディアを通じて報道されていましたが、人命にかかわる活躍は望ましくありませんが、そのような事象が生じた場合に自ら動ける医療従事者に成長していって欲しいと思います。

<生徒の感想文より>
 一次救命では、人形を使って実施することで、手順や細かいポイントなどを理解する事が出来ました。もし目の前で人が倒れていたら、迷わず今回の実習を思い出し行動したいと思いました。
 
救命講習では、止血法や異物除去法など多くのことを学ばせて頂きました。救命処置の実技では、頭の中で思っていたよりも難しく、実際の現場ではもっと焦ると思うので冷静に対応したいと思いました。人の命を救う仕事の素晴らしさを改めて感じ、私も将来看護師として、たくさんの人の命を助けたいと思いました。

IMG_1128

IMG_1139

IMG_1141

IMG_1180

IMG_1223

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>