3年生 宮保鶏丁 酸辣湯麺

こんにちは。伊豆丸です。

3年生の調理実習は、三重野先生による宮保鶏丁(コンパオチーティン)、酸辣湯麺(サンラータンミェン)

でした。

今日のテーマは四川料理。

四川料理は、唐辛子花椒山椒の同属異種)などの香辛料を効かせた辛い中華料理として知られています。

宮保鶏丁(コンパオチーティン)は、四川料理の中でもっともポピュラーな料理の一つです。

酸辣湯麺(サンラータンミェン)は、の酸味と唐辛子胡椒の辛味と香味を利かせた、酸味豊かな辛みのある

スープに麺を入れて食べる料理です。

 

まずは、野菜の切り込みから。

中華包丁は、どんな用途にも対応できる万能な包丁です。

繊細な野菜の千切りから、肉の骨を叩き切ったり、刃を返してハンマーの様に食材をつぶすこともできます。

DSC02182DSC02184

DSC02185

 

・宮保鶏丁(コンパオチーティン)・・カシューナッツを低温(120℃)のサラダ油で揚げるのがポイントです。

DSC02187DSC02188  

DSC02189DSC02192

 

 酸辣湯麺(サンラータンミェン) ・・麺を茹で、とろみのあるスープをかけます。

DSC02194DSC02197

DSC02202

 

DSC02204DSC02203DSC02206DSC02211

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>