研心館へようこそ

IMG_1013 (640x410)

看護科では、4月7日に49名の新入生を迎え、看護科・看護専攻科を合わせて、過去最高の在籍となりました。看護科の教室の前には、先輩からの温かな歓迎のメッセージが掲示されており、興味深そうに眼を通していました。それぞれの心に秘めた思いが実現できるように自己研鑽に努めましょう。挑戦し続けることIMG_1513は、自らの成長と自信に繋がります。昨日、新入生歓迎行事の中で生徒会長が、「限りある高校生活を楽しみ、青春してください」と話していました。

IMG_1014 (640x480)

IMG_1013IMG_1015IMG_1533IMG_1533~和田看護科長からのメッセージ~IMG_1012 (480x640)

大和青藍高等学校 看護科10期生の皆さん、ご入学おめでとうございます。いよいよ看護師になるための第一歩を今日踏み出しました。5年間の学習はきっと皆さんの予想を超える感動や喜びと共に苦悩や悲しみも体験することと思います。 皆さんが学校生活を送り学習を深める看護科専用の校舎は、昨年7月にご逝去された前理事長 大和順彦先生が「研心館」と命名されました。人間にとって最も大切な”命”を預かる看護師には、確かな知識と技術と、相手を思う心が何よりも大切です。1時間1時間の授業を大切にして研究・研鑽を積み、様々な行事や実習などの体験を通して心を研き、医師や同僚、患者やその家族の方々から信頼される看護師になるために「研心」の気持ちを常に忘れず一緒に頑張りましょう。

実習病院からもお祝いして頂き、専攻科生の進級や新入生の入学に花を添えることが出来ました。

 

第7期生 入校式、徽章授与式

今年度、大和青藍高等学校看護科開設10周年を迎えました。そのような記念すべき年に、看護専攻科に43名の生徒が進級しました。

4月6日 専攻科1年生の入校式が厳かに挙行され、生徒代表挨拶では、専攻科1年生の太夛羽蘭さんが、誓いの言葉を述べました。その誓いの言葉の一文を紹介します。

(前略)「昨年私たちは、卒業された第5期生の先輩方の研究論文発表会に参加させて頂きました。高校の実習とは違い、先輩方の論文の量と難しい内容に驚き、看護専攻科への進級に対して不安を感じた反面私たちも先輩方のようになりたいとよりいっそう憧れを抱くようになりました。看護科二年生のの先輩方は、気軽に私たちに話しかけてくださったり、いつも友達と笑顔で楽しそうにしていて、5年間の先輩方の繋がりを感じました。私たちはこれから、看護専攻科生としての自覚を持ち、自立した学生となるよう、四十三名で努力してまいります。看護専攻科二年間の教育課程を修了し、109回看護師国家試験に向け日々誠実に、忍耐強く、努力し、看護の専門性を深めていきたいと思います。そして、大和青藍高等学校の学則を守り「愛・感謝・奉仕」の精神を守っていくことを誓います。」と述べ、力強い意志と決意を感じました。

看護専攻科1年生担任の田代先生は、徽章授与式で呼名を間違えないかと朝から緊張しておられましたが、生徒の返事に勇気を得て無事大役を終えられ、ほっと一安心されていました。その感想を聞くと「生徒が全員出席してくれてよかった」「制服もフォマルスーツに一新され、頼もしく感じました」と温かなメッセージを頂きました。旧担任は心の中で「当たり前のことを、当たり前にしてこそ、大人への第一歩」と厳しい一言でした。「夢の実現する」という、強い信念を持ってこれからの学校生活を邁進してください。

 

第6期生 進級おめでとう♪

IMG_1009専攻科2年生にインタビューしてみました。

O氏「新しい気持ちで頑張ります」と素敵な笑顔で答えてくれました。

Z氏は、「卒業できるかな。。。」、M氏は、「実習も始まるし。。。不安」と表情は笑顔でしたが、内心不安でいっぱいのようです。

これから始まる、半年間の各論実習と国家試験受験に対する不安はつきないでしょうが、目の前の課題としっかり向き合い、一つひとつクリアしながら頑張ってほしいと願っています。教室には、6期生皆が作ったポスターが掲示してあります。「44名全員笑って卒業」を合言葉に力を合わせて頑張ってください。

専攻科2年生担任の桑原先生は、「今年も一緒にがんばりましょう…と言いつつも、自分たちの足で立っていけるように昨年以上にスパルタで行こうと思っております(笑)」と、笑顔で語っていました。

看護専攻科教務主任の、松井先生は、式の中で「愛・感謝・奉仕の建学の精神を実行できる人になりましょう」と述べられました。

其々の夢に向かって「GO!GO!」

3年生 宮保鶏丁 酸辣湯麺

こんにちは。伊豆丸です。

3年生の調理実習は、三重野先生による宮保鶏丁(コンパオチーティン)、酸辣湯麺(サンラータンミェン)

でした。

今日のテーマは四川料理。

四川料理は、唐辛子花椒山椒の同属異種)などの香辛料を効かせた辛い中華料理として知られています。

宮保鶏丁(コンパオチーティン)は、四川料理の中でもっともポピュラーな料理の一つです。

酸辣湯麺(サンラータンミェン)は、の酸味と唐辛子胡椒の辛味と香味を利かせた、酸味豊かな辛みのある

スープに麺を入れて食べる料理です。

 

まずは、野菜の切り込みから。

中華包丁は、どんな用途にも対応できる万能な包丁です。

繊細な野菜の千切りから、肉の骨を叩き切ったり、刃を返してハンマーの様に食材をつぶすこともできます。

DSC02182DSC02184

DSC02185

 

・宮保鶏丁(コンパオチーティン)・・カシューナッツを低温(120℃)のサラダ油で揚げるのがポイントです。

DSC02187DSC02188  

DSC02189DSC02192

 

 酸辣湯麺(サンラータンミェン) ・・麺を茹で、とろみのあるスープをかけます。

DSC02194DSC02197

DSC02202

 

DSC02204DSC02203DSC02206DSC02211

 

【速報】福岡教育大学 現役合格!

厳しい寒さが続きますが、本校普通科に吉報が届きました!!

3年(進学コース)寺田由貴斗くん(宮若西中学校出身)が福岡教育大学合格を勝ち取りました!

教員になるという夢に向けて、これからの活躍を期待しております。

現在3年進学コースの生徒は、大学入試センター試験に向けて勉強に励んでおります。

志望校合格を目指して邁進してまいりますので、応援をお願いします。

調理部 「たくみのたまご」営業&福北ゆたか線フェスタin直方

こんにちは。
ようやく新調した通勤靴が足に合わず歩き方がおかしくなっている大江です。
靴はネットで買うもんじゃありませんね。
リーガルは表記サイズより1cmくらい大きいようです。

昨日はJR直方駅格納庫にて行われた「福北ゆたか線フェスタin直方」に出店いたしました。

商品は「オレンジパウンドケーキ」、「マロンマフィン」、「フルーツマフィン」、「チョコマフィン」の4種。
合計215個持って行きましたが11時(開始1時間)にはおかげさまで完売いたしました。
販売を担当したのは2年生の竹田さんと1年生の来田君。
手慣れた竹田さんは勿論のこと、本来シャイな来田君も大声で呼び込み、活躍してくれました。

「たくみのたまご」ではイベント帰りのお客様が多数来店下さり、盛況でした。

昨日のメニューは2種類でした

オムライスセット(600円)
・オムライス ・ミネストローネ ・サラダ ・クレームブリュレ ・お飲み物

秋の和定食(600円)
・鶏の利休焼き・さごしのきのこあんかけ・出汁巻き玉子・御飯・味噌汁・香の物・クレームブリュレ ・お飲み物

14907609_927656324045512_1552706369435438426_n

 

14925736_927656274045517_8796841786033835268_n

14938309_927656277378850_1974180014812499085_n

 

14947394_927656374045507_1836146933047465504_n

14962595_927656327378845_6412978652990772113_n

14963157_927656310712180_1411132024679126645_n

14908409_927656164045528_5420177133203476091_n

14980766_927656167378861_2908453180257171874_n

15000817_927656207378857_1546608149681013593_o

15025280_927656157378862_5973976170010436167_o

14907146_927656234045521_7353961555637747940_n

14939588_927656210712190_1432423584078068671_o

高校3年生 臨地実習終了

6月20日から始まった臨地実習でしたが、7月22日に高校3年生の実習が終わりました。長いようで短かった5週間だったのではないでしょうか。初めて1人の患者様を受け持たせて頂き、患者様の苦痛の緩和や看護問題へのかかわり方、コミュニケーションの取り方などについて理解を深めることができたようです。生徒は、自らの実習を振りかえり、「初めは不安で緊張しましたが、終わってみればあっという間で、患者様とのかかわりも深まり楽しかったです。受け持ち患者様の笑顔や感謝の言葉に支えられたこと、実習指導者様の丁寧な指導や助言して頂いたことが、実習の成功に繋がりました。」と話をしてくれました。明日は実習報告会です。感動的な看護エピソード、看護体験が語られるものと期待をしています。

実習期間中の登校日の様子

 

P1050888 P1050876 P1050874 P1050884

登校日に花壇で発見♪

花壇の花たちも、皆の実習の成功を応援するかのように満開でしたね。そして、どこから種が来たのか、ユリの花まで咲いていて感動しました。

P1050699 P1050877 P1050879 P1050881 P1050882 P1050883

 

皇后杯バレーボール大会 県予選結果

7月2日(土)に行われた皇后杯県予選の結果です。

大和青藍 0-2 筑陽学園 で初戦敗退という結果に終わりました。

夏休み期間の8月6日~12日には島原・上天草合宿を控えています。また、8月23日からは全国私学大会の九州ブロック予選も控えています。昨年度、全国大会に出場できなかった苦い経験を生かし、今年度こそは出場できるよう練習に力を注ぎたいと思います。

【カタリバ】大学生の皆さんと真剣トーク!

 

6月18日(土)、普通科1、2年生で恒例のカタリバを行いました。

これは年齢の近い大学生を招いて、語り合うという企画。

5〜6人の生徒に大学生が1人ずつついて、輪を作って話をします。

年齢も近い大学生の先輩方の言葉だからこそ身近に感じられ、話を聞く様子は真剣でした。

話を聞くだけではなく、自らの悩みを相談する生徒も。

教室に帰ってきた生徒たちは「楽しかった」と口にしていました。

読書と同じで、他人の経験から学ぶこともたくさんあります。

コミュニケーションが不足している現代だからこそ、こういう機会を大切にしたいですね。

先輩方の話を聞いて自分自身の高校生活を見つめ直すとともに、今後の進路選択について考える貴重な機会となりました。

カタリバでお世話になった大学生の皆さん、ありがとうございました!

高総体バレーボール県予選結果

高総体の県予選の結果です。

5月28日(土)○2-1 福岡中央

5月29日(日)●1-2 城南

人数を力に変えて臨んだ大会でしたが、チームの課題でもある立ち上がりのゲーム運びがうまくできず追いかける展開が続いた試合でした。福岡中央には何とか競り勝ったものの、城南戦では序盤の失点を取り返すことができず、敗退してしまいました。

高総体筑豊ブロック予選結果

5月5日は子供の日で佐賀の実家に帰省しました。公園で遊び、夕方からバーベキューをしましたが、準備のわりに虫が多く、正味1時間ほどで屋内に退散し、ホットプレートに切り替えました。

先日の高総体の結果をご報告いたします。

4月30日(6リーグ1日目)

●0-2 直方  ○2-0 嘉穂

5月3日(6リーグ2日目)

○2-0 飯塚  ○2-0 田川  ○2-0 嘉穂東

結果、4勝1敗で筑豊地区準優勝で5月28日(土)に行われる県大会出場が決定いたしました。県大会は南部地区で行われます。会場・対戦校が決定しましたら報告いたします。応援ありがとうございました。